印鑑とは

印鑑とは、正式名称印章という名称となっている。
印章は、合成樹脂や金属、象牙、角、石、木、竹を素材としていて、その一面にデザインを彫刻している物の事をいう。
個人として、官職として、団体として、会社として、公式的な事や私事にも取り使われていて、その人・団体特有の痕跡を記す事で、その責任など権威を証明して名言する物となる。

言い方も様々で印(いん)判(はん)印判(いんはん)印形(いんぎょう)印顆(いんか)印信(いんしん)判子(はんこ)などがある。
あと、印章(印鑑)を押した事を印影とも言う事がある。印鑑を押すことを、捺印(なついん)押印(おういん)押捺(おうなつ)という。最近では、文書の電子化が発展してきているので、電子印鑑というものある。
印鑑自体も時代の流れに沿って発展しているので常に新しい文化ができつつある。

さっきもはなした通り印鑑の材質は、木・水晶・金属と様々で、角や牙が多く使われている。最近は合成樹脂も用いられている。この素材達を印材とよんでいる。
つまり印鑑に使う素材。訳して印材である。

また、朱肉の他に印泥という物あり、印影を残す素材としても様々である。一般的にはインクも印影の対象物である。


晴れて企業の内定が確定した大学4年生の皆様へ。これから社会人になるにあたって、必要なものは準備できていますか?特にハンコは仕事はもちろん様々なシーンで必要です。そこで専門店「はんこ屋」を是非ともご利用くださいませ。新社会人にはリーズナブルな本拓印がオススメです。



おすすめ記事

こだわりの印鑑

一般的にあまりみない、特殊な印鑑なんかも数多く存在しています。まあ自分を証明・表現するひとつのツールでもありますから、こだわって当然ですよねー。

銀行印

銀行印は、かなりの精度でおなじものかどうかを確かめられるみたいです。なくしてしまったら、ちゃんと連絡して、新しいものに変更しましょうね。

印鑑にも色々種類が

印鑑にはたくさんの種類があり、その種類によって利用するタイミングが違うので注意しておいてください。
1番大切なのが実印。
あなたの財産を左右する印鑑ですから、誰にもとられないようにしまっておいてくださいね。

What's New

2013/02/13
最新情報3を更新。
2012/11/14
最新情報2を更新。
2012/04/12
最新情報を更新。
2012/01/17
最新情報を更新。
2012/01/17
認印を更新。
2012/01/17
文化を更新。
2012/01/17
歴史を更新。
2012/01/17
印鑑とハンコを更新。
2012/01/17
印鑑についてを更新。
2012/01/17
ホームページリニューアル